認知症の予防になる?!パート3 クレニオセイクラルセラピー(CST頭蓋仙骨療法)と認知症 『思考と記憶を復元するための5つの新しい技術』

私が行っているクレニオセイクラルセラピー(CST頭蓋仙骨療法)とは「硬膜の緊張」を緩め脳脊髄液の循環を促進し、脳や脊髄などの中枢神経を活性化するセラピーです。

関連記事:脳脊髄液の循環が良くなる!クレニオセイクラルセラピーはこんな方にオススメ

アメリカのオステオパシードクターでタイム誌に21世紀の改革者の一人として紹介されたジョン・E・アプレジャー博士が開発したセラピーで医療関係者以外でもできるように広く一般に公開しました。(そのために業界内の風当たりも大変きつかったようです。)

関連記事:頭蓋骨は動く!クレニオセイクラルセラピーとは何か!

page33_1

 

クレニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)の組織は本部がアメリカのフロリダにあるアプレジャーインスティチュート(アプレジャー研究所)で私がアシスタントをさせて頂いてる日本支部がアプレジャーインスティチュートジャパンになります。

images

先日、オランダのアプレジャーインスティチュートがFacebookにあげた記事が「クレニオセイクラルセラピーと認知症」という興味深い内容だったため、慣れない翻訳アプリを駆使して訳してみました。

手技による認知症、アルツハイマー予防への新しいアプローチにご興味のある方は御一読下さい。

何せ初めての試みの為、翻訳が正確でない部分もあるかと思いますが御理解の程よろしくお願いします。

介護殺人が社会問題化している日本

昨日、NHKの番組で今、全国で問題になりつつある介護殺人の特集番組がありました。

とてもいたたまれない内容でした。

認知症はもう私達の親の世代だけでなく明日はわが身、もう自分自身の問題として考えないといけない年齢になってきました。

認知症やアルツハイマーも予防できるものなら予防しておきたい。

何でもそうですが、病気はなってからでは遅すぎるのです。

認知症の予防になる!?クレニオセイクラルセラピー(CST頭蓋仙骨療法)

クレニオセイクラルセラピーで慢性の頭痛を改善する事は認知症の予防になるのでは?と以前からこのブログで書かせて頂いてましたが、海外ではすでに具体的に研究が進んでるようです。

何故なら、クレニオセイクラルセラピー(CST頭蓋仙骨療法)は脳脊髄液の循環を促進するセラピーです。

脳脊髄液は脳と中枢神経に栄養を与えながら、そこから出る老廃物を排出します。

アルツハイマーや認知症はこの脳から出る老廃物アミロイドベータがうまく排出されずに脳にたまることが原因のひとつとされているからです。

関連記事:認知症の予防になる!?パート1頭痛や育毛だけでなくクレニオセイクラルセラピーが健康に良い理由

関連記事:認知症の予防になる!?パート2正常圧水頭症とクレニオセイクラルセラピー

今回はアプレージャーインスティチュートのオランダ支部がFacebookに掲載した記事をご紹介します。(以下全文)

臨床心理学者スーザンハイトラー博士(臨床心理学の博士号を持つハーバード大学卒業)が行なったクレニオセイクラルセラピーの研究所アプレジャーインスティチュートのマイケルモーガン氏へのインタビュー対談記事

「クラニオセイクラル・セラピー(CST頭蓋仙骨療法)で認知症を楽にする事を目指して。思考と記憶を復元するための5つの新しい技術」

記憶や思考能力の低下の形で認知症は、多くの場合、人の年齢とともに発生します。

あなたがあなた自身のためにまたは愛する人のためにこの恐ろしい可能性を心配していますか?

あなたはこの分野に少しでも懸念がある場合、あなたは精神機能の低下に対処するためにクレニオセイクラルセラピーを適応させているマイケル・モーガンLMT、CST-D(多分、クレニオセイクラルドクターもしくは博士)によって開発された最先端のアプローチに興味があるかもしれません。

思考と記憶、注意および認知機能の他の側面と同様に、アドレスを心理学者の領域、時には他の分野からの治療法は私たちのために、私たちのクライアントが知っておくために重要なことを証明しています。

私は最近、著者のための会議でマイケル・モーガンに会ったとき、私は、クラニオセイクラル・セラピーアプレジャーインスティチュート(クレニオセイクラルセラピーアプレジャー研究所)で彼のアルツハイマー病や認知症の他の種類の治療に頭蓋仙骨テクニックを適用するための道を切り開いてきた技術革新についての詳細を学びたいと思いました。

私自身は、老化から認知障害を低減するのに新しい進歩に、私は興味を持った。

あなた、そして私自身を埋めるために、この潜在的に有用な開発にで、私(博士H)はマイケル(M.M)にインタビューを行いました。

博士H:アルツハイマー病を含む認知症は、どのように共通ですか?

M.M:500万以上のアメリカ人がアルツハイマー病と診断され、それらの大半は65歳以上です。

博士H:それはたくさんです!誰かがアルツハイマーや認知症のリスクがある(認知能力の喪失)があることを、みなさんは知っているだろうか?

M.M.:症状としては、早ければ40〜50歳として発見することができ、それが時間の経過とともに徐々に悪化する疾患です。

博士H .:クラニオセイクラル・セラピーは、だから何ですか?それは何のように見えますか?それはどのように患者に感じるのでしょうか?

M.M:クラニオセイクラル・セラピーは、頭蓋内、脊髄に沿って、および仙骨まで循環するように、自分の手で、脳脊髄液の穏やかなポンプ作用を感じるセラピストのための非常に穏やかな、非侵襲的な方法です。したがって、名前クラニオセイクラル・セラピー。

医師が触診、または心臓のリズムを感じ、看護師が上昇し、胸の落下を感じることができ同じように、優しく体上に配置された彼らの手でクレニオセイクラルセラピストは頭蓋リズムのこの穏やかな動きを感じることができます。

どのようなクライアントまたは患者は一般的に感じていることは素晴らしいリラックスした状態です。多くの場合、患者が眠りに落ちるし、その後がセッションから休んで出てきます。

博士Hは.:この技術は、最初にどこから来ましたの?そして、それは他にどのような心理的な、脳、または頭の状態を治療することができますか?

M.Mは:クレニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨治療)は、閉鎖性頭部外傷、頭痛、偏頭痛、脳震盪、自閉症児における非常に良好な結果が得られ、アルツハイマーや認知症など新しく開拓したその応用です。

博士H:あなたは5つの方法でアルツハイマー病および他の認知症と闘うために頭蓋仙骨テクニックを使用することを私に言ってきました。これらの5つの方法は何ですか?

1.脳脊髄液の循環を促進させる

M.M:クレニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法CST)が働く第一の方法は、脳脊髄液(CSF)の移動を増加させることによってです。

この透明な液体は、血液の流れを調節するために私たちの頭蓋骨の内側に機械的および免疫学的セキュリティを背骨や脳の周りに発見された自然の流体です。
血流は、汚染物質を除去し、バランスのとれた循環を可能にします。

我々は古い成長するにつれ、私たちの体は、高齢化や健康合併症のリスクの増加で私達を置く少ないCSFを産生します。

アプレジャー博士の「スティルポイント技術」毒素を根絶し、脳機能を改善することによってこれらの問題に対抗します。

注:スティルポイント技術とはクレニオセイクラルセラピーの途中で脳脊髄液脳脊髄流れが止まるポイント。

博士H:潜在的に有用聞こえます。第二の方法は何ですか?

2.交感神経の緊張を低下させる

M.M:次に、私たちはストレスに応答して高すぎる上昇した交感神経の緊張を低下させることを目指しています。

睡眠や毒素の蓄積の欠如が高い交感神経の緊張から来ることができ、副作用の2つだけです。身体を奨励する私たちの交感神経の緊張を減少させるのにCST(クレニオセイクラルセラピー)は、完全な夜の眠りを取得し、不要な細菌を除去します。

博士H:私は睡眠を改善する何かが健康である可能性が高いことを確信しています。 CST(クレニオセイクラルセラピー)の第三の態様は何ですか?

⒊身体と脳全体の炎症を軽減する

M.M:CST(クレニオセイクラルセラピー)は、身体と脳全体に炎症を軽減します。

脳組織の炎症は、アルツハイマー病や認知症に貢献しています。

CST(クレニオセイクラルセラピー)は、これらの問題を打ち消します。

ストレス、貧しい食生活やその他の生活因子は脳を含め、体内の炎症を増やすことができます。

CST(クレニオセイクラルセラピー)は、その防衛システムを強化し、最終的に炎症を下げ、免疫システムを支援することができます。

炎症を減少させることは、多くの疾患のために有用である可能性が高いです。そして第四の方法は?

4.脳外傷や脳しんとうからの回復を促進する

M.M:CSTは、脳外傷や脳しんとうからの回復を促進します。

脳しんとうとアルツハイマー病と診断されたものを有する個体の脳スキャンでの驚くべき類似性があります。
脳しんとうは、一般的に、プロのNFLの選手に見られています。
リッキー・ウィリアムズ、よく知られているサッカー選手は、彼の脳震盪の治療と回復にCSTの値に証言しました。
私はこれらの結果を見たように、私はCSTは、高強度のスポーツの設定で競合他社のために働くことができた場合は、多分CSTは現在、アルツハイマー病と診断された540万人の患者のために働くだろう、自分自身に考えました。

博士H:私はあなたの直感が正しいことが証明されていることを願っています。 CSTは、年齢とともに減少している認知機能を支援するようです第五の方法は何ですか?

5.脳機能(記憶)を強化する

M.M:私たちは、患者の全体的なメモリと脳機能の改善を参照してください。

我々は古い成長するにつれ、私たちの多くは、メモリを保持するおよび/または特定の情報に想起する能力が低下しています。

CST(クレニオセイクラルセラピー)は、最適な脳機能のために必要な体液の全体的な移動に役立ちます。

血液、脳脊髄液とリンパ液のすべてを正しく実行するために私たちの脳の機能をサポートしています。これらの要因が欠けているとき、脳はそれを出し過ぎるさせると、このような記憶保持のようなプロセスが低下する原因となる、より少ない酸素を受け取ります。

CST(クレニオセイクラルセラピー)は、流体の動きを後押しすることにより、記憶を強化することを目指しています。

博士Hは:私はあなたがアルツハイマー病や認知症の予防に専門で、過去18年間、国内外のクレニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)を教えてきたことに感銘を受けて。これらの技術は本当に部分的にも脳の老化プロセスを逆にしなければ、それは素晴らしい贈り物になるだろう。

M.M:今日は私と一緒に話をしてくれてありがとう!

(2016年6月1日投稿から)

 

 

クレニオセイクラルセラピーを受けるならJR原宿駅竹下口徒歩1分M’sLAB得寿堂

クレニオセイクラルセラピーを学ぶならアプレジャーインスティチュートジャパン

頭皮のゆるめ方を覚えるならさとう式リンパケアセミナーへ無料カウンセリングも開催中

関連記事:薬を使わないでハゲ薄毛はここまで回復する!

関連記事:さとう式リンパケアセミナーと薬を使わない育毛促進セミナー&無料カウンセリングby得寿堂(東京原宿)のご案内

オススメの育毛シャンプーはこちら

関連記事:ガチンコ!私の髪を回復させた驚異の育毛シャンプーその1

育毛するなら良いお水を!

関連記事:サロンで使ってるフレシャスのウォーターサーバー使いやすくてオススメ!


 

LINE@始めました!健康は大事です。健康でないと何もできません。逆に言えば、健康で元気なら何でもできます。もう1人で悩まないでください!私も以前は誰にも相談できず、1人で悩んでいました。1人で悩まないで、まずは一度相談していただければと思います。

LINE@

薬を使わない育毛促進はブログランキングに参加しています!

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村