頭痛持ちだけでない硬膜が緊張するとハゲやすい⁉️硬膜が緩めば頭皮が緩む3つの理由

育毛やハゲ・薄毛のお悩みでこのブログにたどり着いた方は多いと思います。

なのに、頭痛やクレニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)のことも沢山書いてあり、それらは育毛には関係ないのではないか?と思われた方もいるのではないでしょうか?

そんな事はありません。

私は慢性の頭痛とハゲ薄毛には関係があると考えています。

その理由は

硬膜の緊張です。

クレニオセイクラルセラピーとは育毛リンパケア強化コースにも入っている硬膜の緊張をゆるめる

セラピーです。

関連記事:薬を使わない育毛促進にクレニオセイクラルセラピーが必要な3つの理由

関連記事:「身体がガチガチでゆるめたい」とお悩みの方に共通する3つの緊張

私自身が頭痛持ちでそれを改善するためにクレニオセイクラルセラピーを受けていました。

当然、ハゲてもきていたので自宅でのセルフケアとして育毛リンパケアにも取り組んでいました。

その上、髪の毛が少しずつ回復してきた過程にはクレニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)で硬膜の緊張バランスを整えてきたこともあったからだと感じています。

実は私のように頭痛持ちでなくても硬膜が緊張している方はたくさんいるのです。

硬膜の緊張は

ストレス

化学調味料や化学物質からの内臓の緊張

気圧の変化

電磁波  関連記事:スマートフォンの使い過ぎで認知症になる?!デジタル認知症の原因とは?

加齢

など現代生活ではさけては通ることができないものの影響を受けます。

そのため、硬膜が緊張していると頭痛がなくても

・疲れやすく体力がない

・よく眠れない

・身体が固く、腰痛肩こりがひどい

など身体の不調が現れます

だから、頭痛がないから硬膜の緊張とはまったく関係がないとは言えないのです。

関連記事:頭蓋骨は動く!クレニオセイクラルセラピーとは何か?

関連記事:脳脊髄液の循環が良くなるクレニオセイクラルセラピー

では、薬を使わないで育毛促進する場合、何故、クレニオセイクラルセラピーで硬膜の緊張を緩める必要があるのかご説明しましょう

1.クレニオセイクラルセラピーで硬膜を緩めると副交感神経優位になる

つまり、薄毛ハゲの原因のひとつに上記のストレスからくる精神的な緊張があります。

精神的な緊張は交感神経優位になるので身体が緊張するほうへ偏ってしまいます。

緊張しっぱなしだと神経や精神はもちろん、身体や筋肉も無駄に緊張してしまうのです。

筋肉が緊張すると、頭皮も緊張します。

頭皮が緊張して固くなれば薄毛ハゲの原因になることは言うまでもありません。

定期的にクレニオセイクラルセラピーを受けて副交感神経優位、つまりリラックスした状態に戻すことは大切です。

2.クレニオセイクラルセラピーで硬膜をゆるめ脳及び中枢神経を活性化する

クレニオセイクラルセラピーでは硬膜の緊張をゆるめるわけですが、そうすると脳で生産する

脳脊髄液が全身に循環するようになります。

脳脊髄液の役割は脳と脊髄の中枢神経を保護しながら栄養を与え、それらから出る老廃物を処理する役目があります。

ゆうまでもなく、私達は脳の指令で動いているわけです。

手を動かしたり、パソコンやスマホを操作したり、自律神経の調整をしてホメオスタシス(恒常性)の維持もすべて脳が指令しています。

硬膜が緊張している人は脳脊髄液の循環が悪いので身体が異常に固く、凝りやすいのが特徴です。

このような方は強いマッサージを受けるとかえってきつくなります。

また、髪の毛を生やす指令も脳が行ってると考えても不思議ではありません。

その脳を含め、硬膜に包まれた中枢神経を活性化するのがクレニオセイクラルセラピーなのです。

関連記事:認知症の予防になる!?頭痛や育毛だけでなく頭の整体が健康に良い理由

3.解剖学的に硬膜と頭皮は繋がっているのでクレニオセイクラルセラピーで硬膜がゆるめば頭皮もゆるむ

下の図は人間の後頭部の解剖図です。

20151228053606.jpg

後頭部である後頭骨には沢山の筋肉が付着しています。

クレニオセイクラルセラピーでは後頭部と首の境目を後頭環椎(後頭部と環椎つまり第1頸椎の間)としてここを緩める事を重要視しています。

なぜなら、硬膜の付着部が環椎(第一頸椎、首の1番上の骨)だからです。

硬膜が緊張てしまうと環椎が引っ張られ捻れてしまい全身に悪影響をしてしまいます。

カイロプラクティックの世界ではこの第一頸椎だけを矯正して全身を良くする流派があるくらい大切なポイントです。

この後頭環椎のど真ん中にある筋肉に小後頭直筋があります。

この小後頭直筋は背骨の中にある硬膜と腱組織で繋がっているのです。

小後頭直筋は後頭部、その上皮、頭皮とつながっているので

硬膜が緊張→小後頭直筋の緊張→頭皮の緊張→ハゲる

となるのです。

ストレスを受けると腸内環境が悪化して血液がドロドロになります。

その上、ストレスで硬膜が緊張して後頭部の小後頭直筋が引っ張られ、頭皮まで緊張して頭頂部が固くなり薄毛や分け目が目立つのです。

また、ストレスや食べ過ぎで胃腸が疲れると頭の一番上の頭頂骨が尖ってきます。

ゆわゆるとんがり頭です。

だから薬を使わない育毛促進ではクレニオセイクラルセラピーで定期的に硬膜の緊張をゆるめ、頭蓋骨を整える事が頭皮をゆるめる育毛にとっても大切だと考えている理由なのです。

 

まずは薬を使わない育毛促進無料カウンセリングセミナーへお気軽にお越し下さい!

 

クレニオセイクラルセラピーを受けるならJR原宿駅竹下口徒歩1分M’sLAB得寿堂

クレニオセイクラルセラピーを学ぶならアプレジャーインスティチュートジャパン

 

頭皮のゆるめ方を覚えるならさとう式リンパケアセミナーへ無料カウンセリングも開催中

関連記事:薬を使わないでハゲ薄毛はここまで回復する!

関連記事:さとう式リンパケアセミナーと薬を使わない育毛促進セミナー&無料カウンセリングby得寿堂(東京原宿)のご案内

オススメの育毛シャンプーはこちら

関連記事:ガチンコ!私の髪を回復させた驚異の育毛シャンプーその1

育毛するなら良いお水を!

関連記事:サロンで使ってるフレシャスのウォーターサーバー使いやすくてオススメ!


 

LINE@始めました!健康は大事です。健康でないと何もできません。逆に言えば、健康で元気なら何でもできます。もう1人で悩まないでください!私も以前は誰にも相談できず、1人で悩んでいました。1人で悩まないで、まずは一度相談していただければと思います。

LINE@

薬を使わない育毛促進はブログランキングに参加しています!

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村