酵素医療の鶴見クリニック季刊誌に「薬を使わない育毛促進」が掲載されました‼️その1

この度、酵素栄養学の鶴見隆史先生の鶴見クリニックから発行された季刊誌「森愛の響き」に私が取り組んでる

薬を使わない育毛促進

の内容が掲載されました。

wpid-20151105021932.jpg

 

 

鶴見先生は、内科医で東京八丁堀で酵素医療で様々な難病に取り組まれています。

私も酵素栄養学に興味があり、講座に参加したり、先生の著書を読み酵素について勉強させて頂きました。

今回の記事はこのブログで再々書いてきた内容ではありますが、改めてこのブログでも内容を載せておきたいと思います。

薬を使わない育毛促進
M’sLAB得寿堂 代表セラピスト 三好惟久

ハゲ、薄毛の問題は昔は男性だけでしたが、最近は女性も悩まれる方が多くウイッグと呼ばれる女性向け部分カツラが良く売れてるとのことです。

今や髪の毛の問題は男性、女性分け隔てなく共通の悩みとなっています。

「髪は女の命」と言われるように男性より女性のほうがその悩みは深刻です。

現在の私の新しい取り組みは男女分け隔てなく取り組める

「薬を使わない育毛促進」です。

1.髪は血余なり

薬を使わない育毛促進の基本は中国4000年の漢方古典の言葉

「髪は血余なり」が基本です。

どういう事かというと髪の毛というのは身体が元気であってこそ、フサフサで美しく保たれるということです。

逆に言えば、髪の毛は無くても人間は生きていけるので、身体に何か問題が起こったら身体はそこを修復しようとして髪の毛は後回しにされるのです。

最近、髪の毛が抜け始めた。

白髪が目立ち始めた

というのは身体が疲れている、もしくは髪の毛に行く栄養をカットしてどこかに身体の別なところに使われていると考えられるのです。

ここでいう栄養と言う言葉はそのまま酵素と置き換えられるでしょう。

薬を使わない育毛促進では完全に髪の毛が無くなって数年経ち、毛根の活性化が見込めない方には適していません。

前述したように、髪の毛はまだあるが

最近、抜け毛がひどい

分け目が目立つようになってきた

頭頂部が薄くなってきた

など禿げ始めまたはその予防という点で適しています。

そして、身体を健康にしていくことにより、結果髪の毛の回復を狙うものなのです。

髪の毛の育毛サイクルは3年から4年と言われています。

毎日、100本ほどの髪の毛が抜けてもそれを補うくらい生えるのが正常ですが、生えなくなって抜けてばかりなるのはその育毛サイクルが狂ってる証拠なのです。

薬を使わない育毛促進強化コースは半年間は半年間ですが、半年間でハゲかけた髪をフサフサにするのではなく身体を健康にしてその乱れた育毛サイクルの軌道修正し身体を健康にする事で自然に髪の毛を回復させるのが目的です。

その真の目的は薬を使わない健康促進なのです。

「百聞は一見にしかず」

次のページの写真は何を隠そう私自身の頭頂部です。

IMG_5105

2014年5月

IMG_8482

2015年5月

1番最初にハゲ始めたのは2年前ですが、2014年の5月が1番ハゲてしまいましたが、今では徐々に回復して来ています。

そして、私は薬、育毛剤等の化学薬品は一切使っていないのです。

2.何故、薬を使わない育毛促進なのか?

皮膚科などの医療機関で行っているAGA(薄毛ハゲ)治療では塗布薬のミノキシジル(ロゲイン、リアップ)や飲用薬フィナステリド(プロペシア、フィンペシア)というお薬が使われています。

ミノキシジルは元々高血圧の薬、フィンペシアは前立腺の薬です。

それらの薬を飲んだ人が副作用として髪の毛が生えてくることがわかったのでそれらが髪の毛の薬として使われ始めました。

私の回りで何人かがそれらの薬を使って副作用に苦しんだり、髪の毛は生えて来たが体毛まで濃くなり、身体の脱毛エステに通いながらお薬を飲んでるという話も聞きました。

また、ある人は薬をやめたとたん髪の毛が抜けはじめてしまい身体もだるくなり、体調が戻るまで数ヶ月かかった人もいました。

ポストフィナステリド症候群とはフィナステリドの服用を辞めた後でも性欲減退、ED、疲れやすい、肩こり、腰痛、心臓の動機などの副作用に悩まされる方の症状の事。

アメリカではポストフィナステリド症候群の団体まで設立されて正しい副作用に関する情報公開が行われています。

先日、私の所に相談に来られた方はまさにポストフィナステリド症候群でした。

21歳の時、皮膚科にハゲの相談に行った所、薬を勧められ6年間飲み続けました。

薬を服用してる間に上記の症状が出てしまい

「このまま育毛剤を続けたら死んでしまうのではないか?」

と心配になり服用を辞めました。

しかし、3年経った今でも前よりましになったが健康上不安を持っているとの事でした。

若干29歳の男性の声を聞き、私はいたたまれない気持ちになりました。

このような育毛剤で苦しむ方をこれ以上増やさない為にも薬を使わない育毛促進を推進していきたいと考えています。

(続く)

 

関連記事:酵素医療の鶴見クリニック季刊誌に「薬を使わない育毛促進」が掲載されました。その2

関連記事:「私、薬の副作用に悩んでいます」男性機能が衰えるポストフィナステリド症候群

関連記事:再婚相手もギブアップ寸前!?長崎の酵素爺さん

関連記事:薬を使わない薬剤師が薬を使わない3つの理由

関連記事:髪は腎水なり!育毛するならフレンチ薬膳を食せ

 

クレニオセイクラルセラピーを受けるならJR原宿駅竹下口徒歩1分M’sLAB得寿堂

クレニオセイクラルセラピーを学ぶならアプレジャーインスティチュートジャパン

 

頭皮のゆるめ方を覚えるならさとう式リンパケアセミナーへ無料カウンセリングも開催中

関連記事:薬を使わないでハゲ薄毛はここまで回復する!

関連記事:さとう式リンパケアセミナーと薬を使わない育毛促進セミナー&無料カウンセリングby得寿堂(東京原宿)のご案内

オススメの育毛シャンプーはこちら

関連記事:ガチンコ!私の髪を回復させた驚異の育毛シャンプーその1

育毛するなら良いお水を!

関連記事:サロンで使ってるフレシャスのウォーターサーバー使いやすくてオススメ!


 

LINE@始めました!健康は大事です。健康でないと何もできません。逆に言えば、健康で元気なら何でもできます。もう1人で悩まないでください!私も以前は誰にも相談できず、1人で悩んでいました。1人で悩まないで、まずは一度相談していただければと思います。

LINE@

薬を使わない育毛促進はブログランキングに参加しています!

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村