昭和プロレスファンバカ一代 関節技の鬼 藤原喜明その2

藤原喜明 サブミッッションセミナー

先日、久しぶりに東京 高円寺にある元UWFインターナショナルの宮戸優光氏主催のレスリングジム

スネークピットジャパン

で開催された

藤原喜明 サブミッションセミナー

に参加してきました。

開始早々、藤原組長が

「じゃ、アキレス腱固めからやるか!オメーさっきから俺の事ジーッと見やがって。俺の事嫌いだろっ?ちょっと来いっ!」

といきなり私をアキレス腱固めの相手に指名しました。

私は

「そんなことないですよ(笑)大ファンです。」

と言いながら藤原組長にアキレス腱固めをかけられたのが上の写真です。

この後、何回も悲鳴をあげさせられたのは言うまでもありません(泣)

私はアキレス腱固めが不得意でしたので、今回のセミナーで実際に藤原組長から技をかけられながら説明を受けたのでよくわかりました。

もう試合に出ることはありませんが(笑)

整骨院(接骨院)と整体(カイロプラクティック,オステオパシー)の違い

藤原組長、御歳67歳だそうですがまだまだ元気。私のようなアマチュア上がりなんか赤子同然に扱われてしまいます。

さて、その藤原組長なんと現在では整骨院、接骨院の先生、柔道整復師を育成する学校(学校法人日本医科学総合学院理事長。同学校法人は文部科学省認可の専修学校朋友柔道整復専門学校)の理事長をされてるというからビックリです。

誰が決めたか知りませんが藤原組長ほど柔道整復師の学校に適任な方は日本国内にはいないのではないでしょうか?

何故なら柔道整復師が行う接骨院、整骨院の施術は
関節技でやられた場合に1番起こりやすい

骨折・脱臼・捻挫・打撲

だからです。

ここで話はそれますが整骨院(接骨院)と整体(カイロプラクティック,オステオパシー)の違いを仕事がら聞かれるのでここで説明しておきたいと思います。

まず整骨院(接骨院)からですが柔道整復師というくらいですから柔道でよくやる急性の怪我ばかりです。

柔道整復師の学校は柔道が必須になってますが、ある意味、自分自身がそれらの怪我を体験し自分達で治療する意味があるのでしょう。

私も柔道をしていたので捻挫と打撲はよくやりました。

いわば事故で起こる急性の怪我の手当の国家資格が整骨院、接骨院の柔道整復師の資格になり、これを専門に3年間学ぶのです。

これに対し私が行なっている整体(オステオパシー、カイロプラクティック)などは海外では国家資格であっても日本国内ではそれぞれの学校が認めた民間の資格になります。当然、保険などは効きませんが、医療類似行為となり国家資格の範囲以外の健康に関する施術となります。

整体(オステオパシー、カイロプラクティック等)は急性の怪我には法律上も適しませんが慢性の腰痛や頭痛や肩こりなどに適しています。

だから急性の怪我で行くのが柔道整復師のいる整骨院や接骨院→国家資格の為、骨折、捻挫、打撲、脱臼に関してのみ保険が効く

慢性の頭痛、腰痛、肩こりはオステオパシーやカイロプラクティック、整体→民間の資格の為、保険は効かない→実費

となります。

例えば、藤原組長から思い切りアキレス腱固めをかけられて足首をひどく捻挫してしまって歩けなくなった怪我をした場合、これはすぐ整骨院、接骨院で治療しなければなりません。

ところが、足首の捻挫は治っても何かしら完全には治りにくく長年かけて慢性化した場合、腰痛の原因になる可能性があります。

そのように慢性化した場合はオステオパシーやカイロプラクティックなど関節の微調整が適しているのです。

整骨院(接骨院)で慢性の腰痛や肩こりで保険が聞くという事は法律違反になりますし、逆に整体院が捻挫や骨折など急性の怪我を取り扱うことも法律で禁止されているのです。

クレニオセイクラルセラピーはオステオパシーから生まれた

ちなみに私がしているクレニオセイクラルセラピーはオステオパシーから生まれたものです。

海外、特にアメリカでは国家資格のドクターが作ったものですが、誰にでもできるよう考案されたものです。

日本国内では当然、民間の資格になります。

私はこのクレニオセイクラルセラピーが仕事ですが、すべて関節にアプローチする事から私は関節技だと思っています。

使う力はまったく異なりますが(笑)

関節にはアソビと呼ばれる自分では動かせない可動範囲があり、ここを改善することで関節の動きが良くなり腰痛や頭痛、肩こりが改善されるのです。

関節技はアソビがあったら決まりません。

日本古来の考え方に

武医同術

という言葉がありますが、殺すというテクニックの裏返しが生かすテクニックになるのです。

毎日、関節技のスパーリングをやるということは生きた人間の生体解剖を学習しているのと同じ事なのです。

だから、柔道経験者に柔道整復師が多いように整体の世界も負けず劣らず武道や格闘技経験者が多いのです。

自分が痛めたことが後々この道でいかされるからなのです。

私も若い頃散々、関節技のスパーリングをしたおかげで様々な関節を自分自身が痛めたことが大変勉強になりました。

藤原組長が治療家を目指してたら一流の治療家になったのではないでしょうか?

藤原組長の強さの秘密

初めて今回、藤原組長に関節技をかけられ、その強さの秘密がわかりました。

組長が骨太なのは前から知ってました。

サブミッションの極意はボーントウボーン(骨と骨)なんで骨太の方が有利なのは間違いないですが、藤原組長は骨が太いだけでなく、

関節技を決める時に使う前腕部の骨が10センチ近くまるでペンチの刃先のようにタコになってる盛り上がっていた

のです!

多分、長年のスパーリングの賜物でしょうがあんな腕でアキレス腱を絞められたらたまったもんじゃありません。

まさに人間凶器ですね❗️

藤原組長の強さの秘密を垣間見ました。

得寿堂のマークはシュートサイン

ちなみに私のお店のマークは

UWFファンならいうまでもないですが、ピストルのサインは

シュートサイン

シュートサインとはプロレス用語でガチンコの真剣勝負です。

私は真剣勝負のマークを掲げて毎日、仕事というリングで戦っています。

 

 

クレニオセイクラルセラピー、SER(体性感情解放)を受けるならJR原宿駅竹下口徒歩1分M’sLAB得寿堂

クレニオセイクラルセラピー、SER(体性感情解放)を学ぶならアプレジャーインスティチュートジャパン

関連記事:ロキソニンやバファリン飲むくらいなら耳たぶを回せ!!薬を使わない頭痛ケア無料カウンセリングセミナー

あわせて、私が硬膜を緩めるセルフケアとしておすすめする。さとう式リンパケアの耳たぶ回し体操を覚える

さとう式リンパケア 初級セミナーも開催しますのでふるってご参加ください!

関連記事:何故?耳たぶ回し体操で全身の筋肉がゆるむのか?その謎に迫る!
頭皮のゆるめ方を覚えるならさとう式リンパケアセミナーへ無料カウンセリングも開催中

関連記事:薬を使わないでハゲ薄毛はここまで回復する!

関連記事:さとう式リンパケアセミナーと薬を使わない育毛促進セミナー&無料カウンセリングby得寿堂(東京原宿)のご案内

育毛するなら良いお水を!

関連記事:サロンで使ってるフレシャスのウォーターサーバー使いやすくてオススメ!


LINE@始めました!健康は大事です。健康でないと何もできません。逆に言えば、健康で元気なら何でもできます。もう1人で悩まないでください!私も以前は誰にも相談できず、1人で悩んでいました。1人で悩まないで、まずは一度相談していただければと思います。

LINE@

薬を使わない育毛促進はブログランキングに参加しています!

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村