昭和プロレスファンバカ一代 プロレスの神様 カールゴッチ

総合格闘技の原点はUWFそしてその最新進化系がUFC

先日、久しぶりに格闘技観戦に行った。

長年のプロレス、格闘技ファンの私にとっては里帰りのようなものだ。

アマチュア時代に全日本コンバットレスリング大会で対戦したことのある火の玉ボーイこと五味孝典選手のUFCラストマッチが今回のお目当てだ。

アメリカ発の総合格闘技UFC日本大会。

会場に入るなり目を引いた八角形のオクタゴン

見た瞬間思い出したのは初代タイガーマスクこと佐山サトル氏が30年以上前に考案した格闘技シューティング。

佐山氏はすでにその当時、八角形リングでオープンフィンガーグローブをつけた新格闘技を始めていた。

やはり佐山氏の先見性は群を抜いていたと感心せざろう得ない。

今年は何かとUWF回帰ブーム

UWFこそ今日の総合格闘技の原点だ。

今年はUWF回帰ブーム

書店の格闘技コーナーには所狭しとUWF関連の雑誌や書籍が並べてある。

もともとUWFにシューティングを持ち込んだのは佐山サトル氏。

真剣勝負のシューティングの一部のキックとサブミッション(関節技)を取り入れたプロレスがUWF。

当時はあまりに先鋭的だった為、一部の熱狂的ファンしか指示されなかったが、そのUWFがシューティングを引っさげ新日本プロレスに戻り地上波のテレビに出だすと全国的に知名度は広まった。

当時、長崎の高校生だった私はシューティングをやりたくて大学進学を口実に東京へ行く事を密かに決意していた。

佐山サトルのシューティング入門や藤原喜明のスーパーテクニックなどの技術書をむさぼり読んでは友達や柔道部で技をかけまくって自分なりに研究していた。

関連記事:昭和プロレスファンバカ一代 関節技の鬼 藤原喜明その2

何か東京でエライ事が始まっている

当時は一日も早く東京に行きたかった。

私の格闘技変遷はまたの機会に書くとして

1980年代に起こった格闘技ムーブメントの歴史を辿れば

UWF→PRIDE→UFCと昇華していったことには間違いない。

今回みたUFCは昔見ていたPRIDEよりも格段に進化していた。

キムが火の玉ボーイ五味選手を仕留めたショートパンチやメインでプルーが決めた肩を使った変則的なチョークなんかは本当に総合格闘技の進化の極みを見せつけられた感がある。

ゴッチイズムの原点はアントニオ猪木

さて、UWFが何故人気を誇ったか?

答えは至ってシンプルだ。

格闘技世界一を標榜する新日本プロレスの

燃える闘魂 アントニオ猪木

の実力に陰りが見え始めたからだ。

関連記事:アントニオ猪木は何故、モハメドアリと戦ったのか?

かつてモハメドアリやウィリアムルスカ、ウイリーウィリアムスなどと激闘を繰り広げたアントニオ猪木が迷走し始めたのだ。

マシーン軍団

海賊男

たけしプロレス軍団

などシリアスな格闘技路線からおちゃらけにしか見えないエンターテイメント路線に舵を切ったアントニオ猪木に見せられる側はフラストレーションがMAXになり格闘技路線を掲げる

UWF

に一気になびいたのだ。

UWFのイデオロギーだったゴッチイズム

そしてそのなかの核、イデオロギーが

ゴッチイズム(カールゴッチ主義)

だったのだ。

しかし、元を正せばゴッチイズムを導入したのはアントニオ猪木だ。

アントニオ猪木がゴッチイズムから離れていったのである。

 

カールゴッチのプロとしてのレスリングとはイギリスのランカシャー地方で生まれた

キャッチアズキャッチキャン

と呼ばれるイギリス伝統の関節技有りのランカシャーレスリング。

それにキックと掌底などの打撃技を加えたのがUWFだったのだ。

カールゴッチほ1968年に日本プロレスのコーチに就任して依頼度々、来日してはレスラーを育てた。

カールゴッチの技術だけがゴッチイズムだろうか?

いや違う

カールゴッチの教え

がプロレスファンの心に響いたのだ。

UWFが人気を博しはじめた頃、時を同じくしてベースボールマガジン社から

格闘技通信

という雑誌が刊行された。

創刊当時はカールゴッチがよく特集され

ゴッチ曰く〜

とよくゴッチの言葉が紹介されていた。

私はアマチュアながらゴッチイズムに心酔していたのだ。

多分、私だけでなく当時の多くの“U“のファンはそうだったはずだ。

ゴッチさんの墓参り

そのカールゴッチが死んでからもう10年の月日が流れた。

今年、分骨されたゴッチさんの遺骨が日本に渡り東京、南千住の回向院にお墓が建立された。

ずっと気になっていたが今日お参りに行かせて頂いた。

黒い暮石には

カールゴッチと書かれ、たくさんのプロレスファンから生前ゴッチさんが好きだった赤ワインが沢山供えられていた。

そして暮石の横にゴッチさんの言葉が刻まれていた

Never lie, neve cheat,never quit

(嘘をつくな、誤魔化すな、最後までやりぬけ!)

久々に目にしたゴッチイズムに胸が熱くなった。

どこかの国の総選挙と名の付いたくだらない茶番劇を見せつけられゲンナリした直後だけに気合いが入った。

今宵はゴッチさんを忌いながら赤ワインとオイルサーディンで一杯やることにしよう。

 

クレニオセイクラルセラピーやSER(体性感情解放)を受けるならJR原宿駅竹下口徒歩1分M’sLAB得寿堂

クレニオセイクラルセラピーを学ぶならアプレジャーインスティチュートジャパン

LINE@始めました!健康は大事です。健康でないと何もできません。逆に言えば、健康で元気なら何でもできます。もう1人で悩まないでください!私も以前は誰にも相談できず、1人で悩んでいました。1人で悩まないで、まずは一度相談していただければと思います。

LINE@

薬を使わない育毛促進はブログランキングに参加しています!

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村