アントニオ猪木は何故、モハメドアリと戦ったのか?

1976年6月26日 東京日本武道館にて世紀の異種格闘技戦 アントニオ猪木対モハメドアリが行われました。

当時、世界中がプロスポーツと認める現役のプロボクシングの世界ヘビー級チャンピオンですでに生きる伝説になりつつあったモハメドアリ。

関連記事:昭和プロレスファンバカ一代 アメリカに喧嘩を売った男 モハメドアリ

対するアントニオ猪木は世界から見れば極東の島国にいる一プロレスラー。しかも世間一般ではプロレスはスポーツでなく、ショーでありインチキと色メガネで見られてるジャンルでした。

同じリング上に並び立たない2人でした。

アリはブラッフで有名でした。

頂点を極めたアリは
「ボクシングは最強の格闘技だ。誰か東洋で俺に挑戦する格闘家はいないのか?」

いつものリップサービスだったと思いますが

そこに噛みついたのがアントニオ猪木でした。

「じゃ俺と戦え!」

と無謀にも挑戦状を送りつけたのです。

常識的にはプロボクシングの世界チャンピオンがプロレスラーの挑戦を受けるわけはありません。

アリは猪木に

「俺に600万ドル払えば戦ってやる!」

と当時のレートで破格の20億円のファイトマネーを要求したのです。

アントニオ猪木陣営はそのお金を借金してかき集め何とか対戦にこぎつけたのでした。

しかし、エキビジョンマッチのつもりで来日したアリは真剣勝負を望む猪木の考えに態度を硬化させ、ルールを厳しく制限しだしたのです。

・立った状態でのパンチやチョップの禁止

・投げ技の禁止

・寝技、関節技の禁止

・このルールを飲まなければ試合をキャンセルして帰国する。

・またこのルールは一切公表するな。

無茶苦茶ですね(笑)

しかし猪木は20億円払ってでももこの要求を飲み、世紀の一戦を実現させたのです。

何故、ここまでして猪木はアリと闘わなければいけなかったのでしょうか?

それは世間一般でインチキに見られるプロレスの代表として誰もが認める世界プロボクシングヘビー級チャンピオンを倒し、プロレスが世界一強い、本物だという事を証明するためです。

そしてその自信が猪木にはあったのです。

実際アリが無茶なルールを要求した時点で勝負ありだったのです。

この試合は15R引き分けに終わりましたが、ルールが普通なら猪木の勝利だったでしょう。

アントニオ猪木を代表とする昭和のプロレスラーに共通するのは

「ナメるなっ!この野郎!」

という心意気でした。

アントニオ猪木が本当の意味で戦いたかった相手、それはモハメドアリでなくプロレスを色メガネでみる世間の目だったのです。

 

今の世の中も既得権益を守るルールに満ち溢れています。

あれをしたらいけない

これを言ったらいけない

それが本当にみんなの幸せに繋がれば問題ないのですが、一部が潤うためだけにそのルールがあるのであればそこに闘いを挑んでいかなければならないでしょう。

そういう意味では世間一般や会社、町内などで何か新しい事にチャレンジする人はみんな猪木アリ戦状態のアントニオ猪木になって自分の取り巻く環境と闘わなければなりません。

私は損得ど返しでアリと戦ったアントニオ猪木を心から尊敬しています!

先手を取ることが勝負の世界では大事だと言われます。

怖いのはお互い様ですが、試合で先に突っ込んで行くには勇気がいります。

猪木もアリもお互い試合前は恐怖でいっぱいだったと思います。

この試合の1ラウンド目でアントニオ猪木は気合いとともにアリの足めがけてアリキックをうちにいきます。

終止、この試合でペースを握ったのはこのアリキックを放って先手をとった猪木でした。

私は数あるプロレスシーンのなかでこの試合開始直後の猪木のアリキックが大好きです。

6月26日は皆様の心に火をつける燃える闘魂記念日なのです‼️

IMG_7918

 

オススメの育毛シャンプーはこちら

関連記事:ガチンコ!私の髪を回復させた驚異の育毛シャンプーその1

頭皮のゆるめ方を覚えるならさとう式リンパケアセミナーへ

関連記事:さとう式リンパケアセミナーと薬を使わない育毛促進セミナー&無料カウンセリングby得寿堂(東京原宿)のご案内

育毛するなら良いお水を!

関連記事:サロンで使ってるフレシャスのウォーターサーバー使いやすくてオススメ!


LINE@始めました!健康は大事です。健康でないと何もできません。逆に言えば、健康で元気なら何でもできます。もう1人で悩まないでください!私も以前は誰にも相談できず、1人で悩んでいました。1人で悩まないで、まずは一度相談していただければと思います。

LINE@

薬を使わない育毛促進はブログランキングに参加しています!

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村