昭和プロレスファンバカ一代 抱腹絶倒❗️昭和プロレスファンあるある‼️

デパートの本売り場でたまたまこんな本を見つけました。

昭和プロレスファンあるある

思わず買ってしまいましたが、当時は自分だけやってたこと、思ってたことが昭和プロレスファンの大多数がやっていた、または思っていたことかと初めて知り、大変驚いたとともに懐かしく感じた本でした。

昭和プロレス

私が熱狂したのは初代タイガーマスクの登場から始まりアントニオ猪木、前田日明、高田信彦の引退、船木対ヒクソングレイシーまででした。

1980年代から2000年代前半くらいまでです。

あえて〝昭和〝というくくりをつけるのはやはり、そこに様々なジャンルが入り交じり、作家の村松友視さんが表現したように巨大な

他に比類なきジャンル

だったからです。

私がプロレスから得た知識は計り知れません。

プロレス、格闘技にとどまらずそこにまつわる

・トレーニングや運動

・整体を始めとする様々な健康法

・料理や食事

・海外の国

・音楽

・会社や経営者

・その他様々な豆知識

などプロレスというジャンルからたくさん学びました。

様々なジャンルのエッセンスが凝縮された昭和プロレスは正にプロレスファンにとって古舘伊知郎さんの名実況のセリフから言わせると

闘いの学び舎

だったに違いありません。

今回は「昭和プロレスファンあるある」のなかで特に共感した部分を取り上げてみたいと思います。

初めての海外旅行がサイパンかパラオ

まさしく私の事です(^^;;

というかもともと海外旅行に興味がない私が後にも先にも唯一海外に行ったのが

パラオ

です。

猪木さんがアリ戦の後、パラオの国王から贈られた島は、極真空手の猛者、熊殺しのウイリーウイリアムス戦を前に、ザ・コブラことジョージ高野選手を帯同し、槍をウイリーの蹴りに見立てて特訓を行った場所で、猪木ファンの憧れの聖地です。

20161024011739.jpg

しかも、アントニオ猪木、初代タイガーマスク、小川直也と行く猪木さん所有のパラオのイノキアイランド旅行

第1回 闘魂猪木塾

でした。

関連記事 :ビバ、食物繊維!太陽仮面エルソラールの30年振りの復讐劇!

猪木さん引退直前に行われたこの企画、その後何度かシリーズ化されたようですが、イノキレスリングスクールと題してパラオのホテル内の臨時マットで猪木さんから直々にレスリングを教わるという後にも先にもないような企画がありました。

ここで私は昭和プロレスファンが誰も知らないネタを持っています。

アントニオスペシャルと言えば卍固めと言われてますが、実は誰も知らない

裏アントニオスペシャル

があります。

このレスリングスクールでは猪木さん自ら参加者一人一人(希望者)に技をかけて自ら解説するという考えられない事をしてくれました。

全てが多分カールゴッチさん直伝のランカシャーレスリングのキャッチアズキャッチキャンレスリング、つまり関節技主体の寝技についてだったと思います。

そこでの猪木さんの解説は決してテレビを見てただけでは気付かない細かなボディコントロールや自分の両足を使って相手の足首を極めるような地味な技ばかりでアントニオ猪木のレスラーとしての強さの一端を垣間見る機会となりました。

関連記事:ファスティングで甦った燃える闘魂!

私の番になった時、猪木さんは私に技をかけながらいろいろ解説して最後に

「これがアントニオスペシャルだ!」

と言って猪木さんのアゴで私の頬骨の急所(フェイスロックで決める箇所)を決めたのです。

猪木さんは若い頃、長くなる一方のアゴに悩み、お医者さんにも相談したと聞いたことがありましたが、そのアゴを武器に変えてオリジナルホールドにしていたのです。

あれは猪木さんにしかできない必殺技でした‼️

大変いい思い出となりました。

20161025103157.jpg

(雑誌BRUTUSのポスターにパラオで猪木さんにサインをもらい、のちにスネークピットジャパンに来られたルーテーズ氏にサインを頂いた私の宝ものです!)

レスラーでもないのにカールゴッチを尊敬している

私なんかアントニオ猪木、藤原、タイガーマスク、前田日明を育てたゴッチさんを尊敬し過ぎて何か親戚の叔父さんみたいな親近感を覚えます。

20161024020921.jpg

パラオでの闘魂猪木塾での猪木さんの話のなかで、若い時、ゴッチさんとスパーリングしていてだんだん猪木さんも強くなり、お互いなかなか技が決まらなくなってきたそうです。

ある時、そんな弟子(猪木さん)に師匠であるゴッチさんは寝技のスパーリング中に思いっきり肘鉄を顔面にかましてきて、猪木さんは口の中をザックリ切ったという話をしてくれました。

猪木さん曰く「普通は弟子相手に練習でそこまではやらないもんだけど、そのくらいゴッチさんの負けん気というか負けじ魂は凄かった。」

と話してくれました。

今年、プロボクサーのモハメドアリ追悼番組で猪木アリ戦のセコンドの声が初公開されましたが、ゴッチさんのアドバイスもしっかり録音され、猪木アリ戦の新しい事実が公開されました。

関連記事:アントニオ猪木は何故、モハメドアリと戦ったのか?

関連記事:アメリカに喧嘩を売った男 モハメドアリ

レスラーがよくやるピンズースクワット、インデァンプッシュアップやブリッジをトランプをめくりながら出た目の数だけ延々とやるゴッチ流トレーニングを私もプロレスラーになるわけでもないのにどれだけやったかわかりません。

ちなみにゴッチさん推薦の振り回して鍛えるイラン製のコシティまで持ってます。

ここまで来るとこのブログの題名通り、私が昭和プロレスファンバカ一代の意味がわかってもらえるのではないでしょうか?

そのゴッチさんには高校時代、旧UWFの試合で長崎にコーチとして帯同してきた時に、サインをもらい握手しました。

当時で60歳を過ぎてたと思いますが信じられない身体のゴツさだったとビックリしたことを覚えています。

ちなみに今回のあるあるにはありませんでしたが、昭和プロレスファンは

ゴッチ流とかテーズ式とついた技や事柄には必ず敬意を表します。

真夏にビールを飲むときは、どんぶりに注いでたっぷりと氷を入れるUスタイル

そのゴッチさんが深く関わった団体UWF。

40歳を過ぎた猪木さんに陰りが見え始め、その代わりに台頭してきたのが前田日明を筆頭とするUWFでした。

確か新生UWFが旗揚げしてすぐ、テレビ番組で特集が、組まれました。

その中で練習後、前田日明選手がチャンコを食べながら美味しそうに飲んでたのがこのどんぶりビールです❗️

私は当時、大学生でしたが、真夏にビールを買って冷蔵庫でキンキンに冷やしておき、授業が終わると友人とアパートに飛んで帰り、このどんぶりビールをよく飲みました.。

学生時代の懐かしい思い出です(^^;;

マスカラス兄弟の「スカイハイ」とファンクスの「スピニングトーホールド」を超える入場曲はないと思っている

関連記事: ビバ!食物繊維3 原宿にミルマスカラスのメキシコ料理店ができた!?

私はジャイアント馬場さんの全日本プロレスより、アントニオ猪木さんの新日本プロレスよりでしたが、正直外国人レスラーの豪華さは全日本プロレスが上でした。

年末には両団体が外国人レスラーを総動員してタッグリーグ戦を開催するのが、毎年恒例行事でした。

全選手入場式の豪華さは素晴らしかったです。

そしてそのレスラーのテーマ曲のチョイスも新日本プロレスのテレビ朝日より全日本プロレスの日本テレビが少し上回っていたと思います。

下の動画はYOUTUBEで見つけた全日本プロレスの世界最強タッグリーグ戦テーマ、「オリンピア」を使った総集編ですが、この中の誰かのコメントにもあるように昭和プロレスファンには涙なしでは見られない動画だと思います。

オリンピアを聞くと今でもあの頃、ワクワクしたプロレスに感じた熱い感情が蘇るようです。

また、いつかまたあのプロレスの熱狂の渦に身を投じてみたいですね。

ビバ❗️昭和プロレス‼️

 

 

クレニオセイクラルセラピー、SER(体性感情解放)を受けるならJR原宿駅竹下口徒歩1分M’sLAB得寿堂

クレニオセイクラルセラピー、SER(体性感情解放)を学ぶならアプレジャーインスティチュートジャパン

頭皮のゆるめ方を覚えるならさとう式リンパケアセミナーへ無料カウンセリングも開催中

関連記事:薬を使わないでハゲ薄毛はここまで回復する!

関連記事:さとう式リンパケアセミナーと薬を使わない育毛促進セミナー&無料カウンセリングby得寿堂(東京原宿)のご案内

オススメの育毛シャンプーはこちら

関連記事:ガチンコ!私の髪を回復させた驚異の育毛シャンプーその1

育毛するなら良いお水を!

関連記事:サロンで使ってるフレシャスのウォーターサーバー使いやすくてオススメ!


LINE@始めました!健康は大事です。健康でないと何もできません。逆に言えば、健康で元気なら何でもできます。もう1人で悩まないでください!私も以前は誰にも相談できず、1人で悩んでいました。1人で悩まないで、まずは一度相談していただければと思います。

LINE@

薬を使わない育毛促進はブログランキングに参加しています!

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村